日刊食品通信 記事詳細

バック
ナンバーへ
日刊食品通信
2021年1月13日

12月全国酒類卸商況、踏ん張り見せる


ビール類缶製品、RTDなどプラス

 12月の全国酒類卸売商況は、帰省やGo Toトラベル関連の自粛などの影響もあり、大都市圏での数字がスーパー向けなど家庭用中心に動いた。業務用は忘年会の自粛などでのマイナス要因は大きかったが、「半減は免れた」とする声も聞かれた。

 ビール類はトータルで90%弱水準か。ビールは業務用減が響き80%強、発泡酒は機能性製品がが安定した家庭用需要にも支えられ102〜103%。新ジャンルは昨年10月からの増税絡みの仮需やその後の値上げの関係もあり、3ヵ月連続のマイナスに。なお、ビール類トータルでの缶製品販売は歳暮なども含め104〜105%と高い伸びを示した。

 低アル・RTDは、上位社のなかには120%超が複数社、110%前後も複数社見られ、好調さに拍車がかかっている。ウイスキーは業務用の動きが止まっているものの、国産上位社は微増〜微減。輸入は動きが鈍い。

 

▼以下略

 

サービスのお申し込みにつきましては、お電話またはフォームよりお願い致します

  • お申し込みにつきましては、弊社が受信確認後、お客様にご確認事項を通知してから、書籍とご請求書を郵送致します。
  • 電子版、紙版どちらも下記よりお申し込みになれます。
ホームページからのお申し込みフォーム

電話からの
お申し込みはこちら

バックナンバーへ

媒体紹介へ