日刊食品通信

定期刊行物
一覧へ

酒類食品業界のニュースを迅速・正確・簡明に発信する総合速報紙。酒類食品に関するマーケティング・営業・広報担当者必読の日刊紙です。

媒体名 日刊食品通信
発行 月〜金曜日まで毎日発行(弊社営業日に限る)
仕様 A4判、9〜13頁
価格 6ヵ月 44,280円(税込)

サンプルはコチラ

  • 酒類、飲料、乳製品、加工食品、冷食・チルド、流通他、人事・組織、決算、統計・データなど各方面の日々の出来事を迅速・簡潔に報道
  • 新商品や発表会、イベントなどのニュースもスピーディーに掲載。知りたい情報が満載、一目瞭然です

媒体紹介

業界唯一の酒類食品総合日刊紙。乳製品、飲料、酒類、油脂、調味料、缶詰、冷食、小麦粉・同2次加工品、菓子、流通、卸売、資材、人事、決算など各方面の日々の出来事や商品情報、統計データなどを迅速・簡潔に報道。

最新記事2021.12.03 更新 バック
ナンバー

9〜11月のビール、前年水準を堅持


19年比は発泡酒以外2ケタの減少

 本紙が推定した9〜11月のビール類販売は前年同期比96.4%となった。19年には消費増税が、20年にはビール減税と新ジャンル増税が、いずれも10月に実施され、9、10月の数値が大きくバラついていたため、それを平準化するための試算。

 カテゴリー別にはビールと発泡酒がそれぞれ100.0%、102.5%と健闘する一方、新ジャンルは91.1%と低水準に終わった。ビールは9月が約90%、10月が約96%だったが業務用が徐々に立ち上がった11月の約113%が押し上げた。発泡酒は一貫してプラス。健康機能系がけん引した。新ジャンルは増税仮需(20年9月)の反動が大きかった。

 一方、19年比でみると、発泡酒が100.6%と水準を維持した以外はビールが85.1%、新ジャンルも88.9%と依然として厳しい水準にある。3カテゴリー計では88.6%。ビールはコロナ禍での業務用需要停滞が、新ジャンルは増税値上げの影響と巣ごもり消費下でのビールへの消費移行が、それぞれ足かせとなっているようだ。

 

サービスのお申し込みにつきましては、お電話またはフォームよりお願い致します

  • お申し込みにつきましては、弊社が受信確認後、お客様にご確認事項を通知してから、書籍とご請求書を郵送致します。
  • 電子版、紙版どちらも下記よりお申し込みになれます。
ホームページからのお申し込みフォーム

電話からの
お申し込みはこちら