日刊食品通信

定期刊行物
一覧へ

酒類食品業界のニュースを迅速・正確・簡明に発信する総合速報紙。酒類食品に関するマーケティング・営業・広報担当者必読の日刊紙です。

媒体名 日刊食品通信
発行 月〜金曜日まで毎日発行(弊社営業日に限る)
仕様 A4判、9〜13頁
価格 6ヵ月 44,280円(税込)

サンプルはコチラ

  • 酒類、飲料、乳製品、加工食品、冷食・チルド、流通他、人事・組織、決算、統計・データなど各方面の日々の出来事を迅速・簡潔に報道
  • 新商品や発表会、イベントなどのニュースもスピーディーに掲載。知りたい情報が満載、一目瞭然です

媒体紹介

業界唯一の酒類食品総合日刊紙。乳製品、飲料、酒類、油脂、調味料、缶詰、冷食、小麦粉・同2次加工品、菓子、流通、卸売、資材、人事、決算など各方面の日々の出来事や商品情報、統計データなどを迅速・簡潔に報道。

最新記事2021.05.07 更新 バック
ナンバー

4月のビール65%超の高伸長


5月は再三の窮地に

 本紙が推定した4月の大手4社ビール類販売は、前年同月比112%弱と2ヵ月連続のプラスとなった。昨年が78〜79%と大幅に落ち込んでいたことが背景。業務用に回復の兆しが見えはじめ、新製品などが上乗せしたビールが165%強(昨年48%強)と大きく伸長し、2ヵ月連続のプラス。反面、発泡酒と新ジャンルは96〜97%、88%強で、それぞれ7ヵ月ぶり、7ヵ月連続のマイナスだった。ビールは基幹銘柄が揃って大幅伸長、糖質ゼロビールの拡大と新規参入、更に新容器の発売が加わった。一方、発泡酒と新ジャンルは機能系などの一部を除き総じてマイナスだった。ビールの構成比は前年の29%を大きく上回る43%弱だった。

 1〜4月累計は3カテゴリー計で前年同期比96%弱。ビールが97%強と依然水面下、増税を引きずる新ジャンルも92%強。発泡酒は104〜105%とプラスを維持している。ビールの構成比は39%(前年同期38%強)だった。

 

▼以下略

サービスのお申し込みにつきましては、お電話またはフォームよりお願い致します

  • お申し込みにつきましては、弊社が受信確認後、お客様にご確認事項を通知してから、書籍とご請求書を郵送致します。
  • 電子版、紙版どちらも下記よりお申し込みになれます。
ホームページからのお申し込みフォーム

電話からの
お申し込みはこちら