日刊食品通信

定期刊行物
一覧へ

酒類食品業界のニュースを迅速・正確・簡明に発信する総合速報紙。酒類食品に関するマーケティング・営業・広報担当者必読の日刊紙です。

媒体名 日刊食品通信
発行 月〜金曜日まで毎日発行(弊社営業日に限る)
仕様 A4判、9〜13頁
価格 6ヵ月 44,280円(税込)

サンプルはコチラ

  • 酒類、飲料、乳製品、加工食品、冷食・チルド、流通他、人事・組織、決算、統計・データなど各方面の日々の出来事を迅速・簡潔に報道
  • 新商品や発表会、イベントなどのニュースもスピーディーに掲載。知りたい情報が満載、一目瞭然です

媒体紹介

業界唯一の酒類食品総合日刊紙。乳製品、飲料、酒類、油脂、調味料、缶詰、冷食、小麦粉・同2次加工品、菓子、流通、卸売、資材、人事、決算など各方面の日々の出来事や商品情報、統計データなどを迅速・簡潔に報道。

最新記事2024.05.24 更新 バック
ナンバー

大阪でベルギービールウィークエンド


14タイプ75種を品ぞろえ、うち11種類が初登場

  (大阪)「ベルギービールウィークエンド(BBW)2024大阪」が22日、中之島公園(中央公会堂前)で開幕した。BBW実行委員会主催、駐日ベルギー王国大使館が特別協力。26日までの5日間開催する。 小西酒造「ヴェデット」「デュベル」、三井食品「シメイ」などが出展。ホワイトビールやIPA、ランビックなど14タイプ75種類のベルギービールを揃え、うち11種類がBBW初登場となる。

 初日のオープニングセレモニーで、倉本孝作実行委員(写真左、三井食品海外事業部)は「BBWは2010年に六本木でスタートし、大阪会場は11年から実施している。今回、歴史的建築物に囲まれた公園で開催でき感謝している」とあいさつ。アントワン・エヴラー駐日ベルギー大使(同中央)は「BBWを4月から開催してきて大阪は5会場目となる。美しい公園で開催できて嬉しい。来年大阪で開催される万博にはベルギーも参加する。パビリオンにぜひ遊びにきてほしい」と話した。

 スターターセット(オリジナルグラス1個、飲食用コイン10枚)が前売3,500円/当日3,750円、追加飲食用コイン(4枚セット)1,100円。

サービスのお申し込みにつきましては、お電話またはフォームよりお願い致します

  • お申し込みにつきましては、弊社が受信確認後、お客様にご確認事項を通知してから、書籍とご請求書を郵送致します。
  • 電子版、紙版どちらも下記よりお申し込みになれます。
ホームページからのお申し込みフォーム

電話からの
お申し込みはこちら