日刊食品通信

定期刊行物
一覧へ

酒類食品業界のニュースを迅速・正確・簡明に発信する総合速報紙。酒類食品に関するマーケティング・営業・広報担当者必読の日刊紙です。

商品名 日刊食品通信
発行形態 月〜金曜日まで毎日発行(弊社営業日に限る)
仕様 A4判、9〜13頁
価格 6ヵ月 41,000円+税

サンプルはコチラ

  • 酒類、飲料、乳製品、加工食品、冷食・チルド、流通他、人事・組織、決算、統計・データなど各方面の日々の出来事を迅速・簡潔に報道
  • 新商品や発表会、イベントなどの情報もスピーディーに掲載。知りたい情報が満載、一目瞭然です

媒体紹介

業界唯一の酒類食品総合日刊紙。乳製品、飲料、酒類、製油・調味料、缶詰・冷食、粉2次加工品・菓子、流通、卸売、資材、人事、決算など各方面の日々の出来事や商品情報、統計データなどを迅速・簡潔に報道。
当該業種と関連事業のニュースが一目瞭然です。

最新記事2020.06.04 更新 バック
ナンバー

サッポロが尿酸値を下げるノンアルビール


「世界初の新提案」野瀬本部長

 サッポロビールの野瀬裕之取締役常務執行役員マーケティング本部長(写真)は3日、本社で行った尿酸値を下げるノンアルコールビール「サッポロ うまみ搾り」の記者説明会で、「消費のポジティブ化で伸長が続くノンアルビール市場に向けた世界初の新提案」などとコメントし、新需要創造への期待を示した。

 「サッポロ うまみ搾り」は、尿酸値を下げる素材「アンセリン」を350mlあたり50mg配合、「プリン体0・大麦エキス由来のリッチなおいしさ・尿酸値低減」を同時に実現させた。尿酸値低減を訴求するノンアルビールは世界初、アンセリンはビールテイストの味わいにも好影響をおよぼすという。350ml缶と同6缶パックで発売は23日。価格はオープン。年内販売目標はビール大びん換算で30万箱。

 野瀬本部長は、2009年に初登場したアルコール0.00%のノンアルコールビールは、当初450万箱規模だったものが直近では約2,000万箱に拡大している要因について、「発売当初は飲酒運転防止目的など、がまんマーケットが主流だったが、その後、各社がビールらしさや健康機能、自然派など、多種多様な提案を重ねることで消費がポジティブ化し、今では気分転換、楽しみ、スポーツ後の爽快さなどを求めた生活の一部として広がり続けている。

 

▼以下略

サービスのお申し込みにつきましては、お電話またはフォームよりお願い致します

  • お申し込みにつきましては、弊社が受信確認後、お客様にご確認事項を通知してから、書籍とご請求書を郵送致します。
  • 電子版、紙版どちらも下記よりお申し込みになれます。
ホームページからのお申し込みフォーム

電話からの
お申し込みはこちら