日刊食品通信

定期刊行物
一覧へ

酒類食品業界のニュースを迅速・正確・簡明に発信する総合速報紙。酒類食品に関するマーケティング・営業・広報担当者必読の日刊紙です。

商品名 日刊食品通信
発行形態 月〜金曜日まで毎日発行(弊社営業日に限る)
仕様 A4判、9〜13頁
価格 6ヵ月 41,000円+税

サンプルはコチラ

  • 酒類、飲料、乳製品、加工食品、冷食・チルド、流通他、人事・組織、決算、統計・データなど各方面の日々の出来事を迅速・簡潔に報道
  • 新商品や発表会、イベントなどの情報もスピーディーに掲載。知りたい情報が満載、一目瞭然です

媒体紹介

業界唯一の酒類食品総合日刊紙。乳製品、飲料、酒類、製油・調味料、缶詰・冷食、粉2次加工品・菓子、流通、卸売、資材、人事、決算など各方面の日々の出来事や商品情報、統計データなどを迅速・簡潔に報道。
当該業種と関連事業のニュースが一目瞭然です。

最新記事2020.08.11 更新 バック
ナンバー

7月の流通菓子出荷4%減(本紙調)


チョコレート、予想に反し健闘

 日刊経済通信社推計による7月の流通菓子出荷実績(出荷金額ベース)は、合計で前年同月比96%と5ヵ月連続で前年を割った。

  前年同月が比較的気温が低かったことなど天候に恵まれ106%(本紙推計)と高かったことと、7月も新商品の投入が少なく既存品での販売が中心であったため、2ケタ近いマイナスが予想された。しかし、前年2ケタ伸長だったチョコレートがチョコスナックや大袋が伸長したことで、予想に反し荷動きが良く、数パーセントのマイナスにとどまった。また、6月はやや緩和したかに見えた“巣ごもり需要”も、全国的なコロナウイルス感染者の拡大で、再び大袋のチョコレート、ビスケットへのニーズが高まり、大袋全体でも2ケタ伸長となったようだ。一方、ミント系チョコなど夏物商品は苦戦が続いている。ただし、5、6月発売の新製品の導入率が滞っていたことに比べ、7月発売品については導入率が高く、メーカー間で差が出たと思われる。

 カテゴリー別では、チョコレートが合計で96%と推定。ソリッドチョコは96%、そのうちハイカカオ・機能性チョコは90%。センターアソートは90%。ナッツチョコは98%。チョコスナックは106%。大袋は112%。小粒・子どもチョコは102%。ビスケットは合計で103%と推定。ハードビスケット96%、ソフトビスケット102%、クラッカー98%、半生ケーキ102%。キャンディは合計86%と推定。うち、ハードキャンディは94%。内訳はのど飴95%、ミルク系98、フルーツ系90%。グミは80%。ソフトキャンディ92%、キャラメル84%。

 

▼以下略

 

サービスのお申し込みにつきましては、お電話またはフォームよりお願い致します

  • お申し込みにつきましては、弊社が受信確認後、お客様にご確認事項を通知してから、書籍とご請求書を郵送致します。
  • 電子版、紙版どちらも下記よりお申し込みになれます。
ホームページからのお申し込みフォーム

電話からの
お申し込みはこちら