日刊食品通信

定期刊行物
一覧へ

酒類食品業界のニュースを迅速・正確・簡明に発信する総合速報紙。酒類食品に関するマーケティング・営業・広報担当者必読の日刊紙です。

商品名 日刊食品通信
発行形態 月〜金曜日まで毎日発行(弊社営業日に限る)
仕様 A4判、9〜13頁
価格 6ヵ月 41,000円+税

サンプルはコチラ

  • 酒類、飲料、乳製品、加工食品、冷食・チルド、流通他、人事・組織、決算、統計・データなど各方面の日々の出来事を迅速・簡潔に報道
  • 新商品や発表会、イベントなどの情報もスピーディーに掲載。知りたい情報が満載、一目瞭然です

媒体紹介

業界唯一の酒類食品総合日刊紙。乳製品、飲料、酒類、製油・調味料、缶詰・冷食、粉2次加工品・菓子、流通、卸売、資材、人事、決算など各方面の日々の出来事や商品情報、統計データなどを迅速・簡潔に報道。
当該業種と関連事業のニュースが一目瞭然です。

最新記事2020.01.17 更新 バック
ナンバー

12月大手総合菓子5社の出荷実績(本紙調)


催事関連が苦戦、定番品は好調

 日刊経済通信社調べによる2019年12月の大手総合菓子メーカー5社の出荷実績(金額ベース)は、冬季限定商品の洋酒系チョコが出足好調だったがブランド間で差が出てきたことと、いちご関連商品も発売時期の前倒しと販売期間の長期化で店頭回転は例年に比べて鈍化していることが影響しているようだ(一部既報)。
 明治=単月合計は1ケタ前半増。チョコレートは1ケタ半増。スタンダートチョコ合計は1ケタ前半増、健康系チョコは1ケタ後半増。ブランド別では「ミルチ」1ケタ前半増、「チョコ効果」1ケタ後半減。「ザ・チョコ」2ケタ減。「ガルボ パウチ」大幅増。ナッツは「アーモンド」2ケタ増、大箱「アーモンド」1ケタ前半増。チョコスナックは「フラン」2ケタ減、「プッカ」2ケタ増、「ホルン」2ケタ減。小粒チョコは「アポロ」1ケタ半増、「チョコベビー」1ケタ後半減、「マーブル」1ケタ前半減。大袋は「ベストスリー」1ケタ半減、「きのこたけのこ」2ケタ増、「アーモンド」は2ケタ増、「チョコ効果」2ケタ増。キャンディは合計1ケタ前半減、ハードキャンディは1ケタ後半増。「チェルシー」箱2ケタ減。「ハイレモン」1ケタ後半減、「ミニアソート」2ケタ増。グミは「果汁」1ケタ半減、「ポイフル」1ケタ後半減。チューインガム2ケタ減。
 ロッテ=単月微減。チョコレートは1ケタ後半増。「ガーナ」群は2ケタ増、「ガーナミルク」1ケタ後半増、「エクセレント」1ケタ後半増。ナッツチョコは「アーモンド」前年並み、「マカダミア」2ケタ増。「乳酸菌ショコラ」群1ケタ後半減。


▼以下略

サービスのお申し込みにつきましては、お電話またはフォームよりお願い致します

  • お申し込みにつきましては、弊社が受信確認後、お客様にご確認事項を通知してから、書籍とご請求書を郵送致します。
  • 電子版、紙版どちらも下記よりお申し込みになれます。
ホームページからのお申し込みフォーム

電話からの
お申し込みはこちら