日刊食品通信 記事詳細

バック
ナンバーへ
日刊食品通信
2020年10月15日

9月の首都圏酒類卸、消費増税の反動減目立つ


コロナ禍の業務用苦戦色濃く

 9月の首都圏酒類卸商況は1割強のマイナスと推定。前年同月は消費増税前仮需により約1割強増加したが、今年はこの反動と新型コロナウイルスによる業務用の苦戦が影響した。

 マイナスが目立つ中で勢いのあったカテゴリーは、酒税増税前に駆け込み需要のあったビール類新ジャンルで、約10〜15%前後のプラス。一方、減税を控えたビールは3割前後のマイナスとなった。発泡酒は1〜2割減。前年に大容量が動いた焼酎甲類は20%前後の減少。同じく前年10%超のプラスだった乙類も1〜2割程度前年を下回った。

 ワインは1割弱の減少にとどまっており、国産デイリーワインを中心に引き続き堅調で、「家庭用では中価格帯も動き始めている」との声も聞かれる。

 

▼以下略

サービスのお申し込みにつきましては、お電話またはフォームよりお願い致します

  • お申し込みにつきましては、弊社が受信確認後、お客様にご確認事項を通知してから、書籍とご請求書を郵送致します。
  • 電子版、紙版どちらも下記よりお申し込みになれます。
ホームページからのお申し込みフォーム

電話からの
お申し込みはこちら

バックナンバーへ

媒体紹介へ