酒類食品統計月報

定期刊行物
一覧へ

酒類食品市場動向、銘柄別販売動向、市場調査等の基礎データ、関連統計を収録する業界唯一の専門誌です。

媒体名 酒類食品統計月報
発行 毎月30日発行
仕様 B5判 144頁以上
価格 6ヵ月 24,750円(税込)

サンプルはコチラ

  • 【業界必須】独自調査データと公的データの紹介、各業種・品目の解説(論文形式)の二部構成を特徴としています
  • 月替わりで各業種を分析する解説は業界構造(企業・品目シェア)、各社戦略、商品の動きなどを的確にとらえています

媒体紹介

酒類・食品産業全般(生鮮食品を除く)の近況を個別市場ごとに独自の視点から分析。
各社戦略・施策、商品の動きなどを詳細に解説し、独自取材によるオリジナルの出荷動向とともに企業情報など旬の話題も深耕し、〝業界の羅針盤〟との好評を受けています。
そのほか、決算、設備投資、地域レポートも随時掲載。酒類・食品に関わるメーカーや卸を中心に、金融・調査会社、大学関係なども含めた幅広い読者から支持を得ています。

最新記事2022.07.29 更新 バック
ナンバー

酒類食品統計月報

統計月報8月号


●特 集

2021年度酒類食品産業の設備投資実績

 

●酒 類

上期ビール販売2割増も業務用回復に遅れ

 

●飲 料

スポーツドリンク,22年から回復基調へ

 

●調味料

中華調味料群,反動減も長期的には伸長継続

 

●缶瓶詰

ジャム市場,価値で選ばれる環境づくりに注目

 

●冷凍食品

冷凍麺,成長期待もコストアップ影響注視

 

●製 粉

原料・素材として小麦の可能性高まる

 

●小売流通

百貨店市場,対前年売上回復も課題山積

 

●倒 産

22年上期倒産,支援抑制から増勢の兆し

 

●連 載

 日本橋『写・人・館』

  ■三林圭介 ヤマモリ社長

  ■倉本 隆 日本酒類販売社長

 

 諸相・趨勢「MOVE」

  ■早い梅雨明け,夏物商材に期待〜6月末の猛暑で加速〜

サービスのお申し込みにつきましては、お電話またはフォームよりお願い致します

  • お申し込みにつきましては、弊社が受信確認後、お客様にご確認事項を通知してから、書籍とご請求書を郵送致します。
ホームページからのお申し込みフォーム

電話からの
お申し込みはこちら