日刊食品通信 記事詳細 バック
ナンバーへ

日刊食品通信
2019年4月3日

オークワ、連結・単体とも減収増益


 (大阪)オークワの前2月期決算は、連結・単体とも減収増益となった。今期は3店の出店と大型改装で増収増益を見込む。神吉康成社長は業績の総括と今期の取り組み方針を要旨次の通り語った。

 前期はドラッグやDSなど異業種競合店との競合が激しく連結・単体ともに減収とした。利益面では稼働2年目を迎えた惣菜工場「オーデリカファクトリー安八」が計画以上の130%の収益を計上、食品全体の粗利を上昇させた。今期は競合店に流れていた来店客数を既存店ベースで100%を目標に販促を行う。

 

▼以下略

 

サービスのお申し込みにつきましては、お電話またはフォームよりお願い致します

  • お申し込みにつきましては、弊社が受信確認後、お客様にご確認事項を通知してから、書籍とご請求書を郵送致します。
  • 電子版、紙版どちらも下記よりお申し込みになれます。
ホームページからのお申し込みフォーム

電話からの
お申し込みはこちら

バックナンバーへ

媒体紹介へ