日刊食品通信 記事詳細 バック
ナンバーへ

日刊食品通信
2019年3月15日

トーホー決算、3期ぶり増収も営業減益


今期は収益力向上に注力、増収増益目指す

 トーホーの19年1月期決算は、3期ぶりの増収で過去最高売上高となった。前期・当期に実施したM&A等が寄与。既存事業は店舗閉鎖や競争激化、自然災害の影響があり減収だった。営業利益は物流関連コストの上昇等により減益となった。セグメント別では、ディストリビューター事業は関東地区一部子会社での競争激化がマイナス要因となるもM&Aの寄与で増収の着地。キャッシュアンドキャリー事業(C&C)は既存店が客数、客単価共にアップしており売上高2.2%増と好調だったが、店舗減やトーホー・C&C静岡2次卸撤退などにより減収。食品スーパー事業は店舗減や既存店の競争激化により減収。フードソリューション事業はM&Aにより加わったFMIや新規事業のせんどばによるプラスや、建設関連子会社、業務用支援システム販売、システム開発子会社等既存事業会社の堅調な推移により大幅な増収となった。

 今期について、古賀裕之社長(写真)は「2期連続の減益だったこともあり、今期は特に収益力の向上に力を入れる。中計2年目であり、増収増益を達成したい」と話し、取り組みについて以下説明した。

▼以下略

サービスのお申し込みにつきましては、お電話またはフォームよりお願い致します

  • お申し込みにつきましては、弊社が受信確認後、お客様にご確認事項を通知してから、書籍とご請求書を郵送致します。
  • 電子版、紙版どちらも下記よりお申し込みになれます。
ホームページからのお申し込みフォーム

電話からの
お申し込みはこちら

バックナンバーへ

媒体紹介へ