日刊食品通信 記事詳細 バック
ナンバーへ

日刊食品通信
2019年3月8日

昨18年清涼飲料生産量、5%増(全清飲)


コーヒー飲料は5%増と伸長

 全国清涼飲料連合会は、18年(1〜12月)清涼飲料の生産量および販売金額を発表した。生産量はミネラルウォーターが12%増、最大の茶系飲料が3%増と伸ばしたほか、コーヒー飲料がPETボトルコーヒーの伸びで4.7%増と大きく伸長、全体は5.2%増の2,274万6,300kl、販売金額は2.6%増の4兆503億円で初の4兆円を突破した。

 ミネラルウォーターは12%増と大幅な伸び。茶系飲料は、緑茶飲料が3%増となったほか、むぎ茶が24%増と大幅増、ブレンド茶が5%減となり、全体は3%増。コーヒーは、コーヒー規格はほぼ前年並みであったが、コーヒー飲料が22%増と伸びたことで全体は4.7%増。PETボトル入りのコーヒー飲料が43%増と全体をけん引した。

▼以下略

サービスのお申し込みにつきましては、お電話またはフォームよりお願い致します

  • お申し込みにつきましては、弊社が受信確認後、お客様にご確認事項を通知してから、書籍とご請求書を郵送致します。
  • 電子版、紙版どちらも下記よりお申し込みになれます。
ホームページからのお申し込みフォーム

電話からの
お申し込みはこちら

バックナンバーへ

媒体紹介へ