日刊食品通信 記事詳細 バック
ナンバーへ

日刊食品通信
2018年12月6日

10月の国産洋酒移出数量、20%増


  日本洋酒酒造組合が発表した10月の国産洋酒移出数量は25万7,606kl(前年比120.0%)となった(ビール類新ジャンルのリキュール規格含む)。

 リキュール、スピリッツが大幅に増加したほか、ウイスキー、甘味果実酒などもプラス。スピリッツでは、RTDのほか、ラム、ウオッカ、ジンも軒並み前年を上回った。1〜10月では合計240万1,044kl(110.1%)となり、スピリッツ(その他のもの 発泡性)やカクテル・チューハイ等、ウイスキーなどが増勢を維持。(単位・kl、%)

サービスのお申し込みにつきましては、お電話またはフォームよりお願い致します

  • お申し込みにつきましては、弊社が受信確認後、お客様にご確認事項を通知してから、書籍とご請求書を郵送致します。
  • 電子版、紙版どちらも下記よりお申し込みになれます。
ホームページからのお申し込みフォーム

電話からの
お申し込みはこちら

バックナンバーへ

媒体紹介へ