日刊食品通信

定期刊行物
一覧へ

酒類食品業界のニュースを迅速・正確・簡明に発信する総合速報紙。酒類食品に関するマーケティング・営業・広報担当者必読の日刊紙です。

商品名 日刊食品通信
発行形態 月〜金曜日まで毎日発行(弊社営業日に限る)
仕様 A4判、9〜13頁
価格 6ヵ月 41,000円+税

サンプルはコチラ

  • 酒類、飲料、乳製品、加工食品、冷食・チルド、流通他、人事・組織、決算、統計・データなど各方面の日々の出来事を迅速・簡潔に報道
  • 新商品や発表会、イベントなどの情報もスピーディーに掲載。知りたい情報が満載、一目瞭然です

媒体紹介

業界唯一の酒類食品総合日刊紙。乳製品、飲料、酒類、製油・調味料、缶詰・冷食、粉2次加工品・菓子、流通、卸売、資材、人事、決算など各方面の日々の出来事や商品情報、統計データなどを迅速・簡潔に報道。
当該業種と関連事業のニュースが一目瞭然です。

最新記事2017.06.27 更新 バック
ナンバー

マルハニチロ、今期さけ瓶詰類増産


森工場「さけフレーク」主体に

 (北海道茅部郡)マルハニチロは、今期さけ瓶詰類を増産する。主力のマルハニチロ北日本森工場(北海道茅部郡森町)は、さけ瓶詰を中心に37万6,000ケース(前年比102%)を計画している。缶詰記者会は23日、同工場を訪問、齋藤秀雄工場長が概要を説明した。

  森工場は、昭和15年、内浦湾で大量に獲れたイワシからエキスを抽出する日本栄養素森工場を前身にスタート。その後、同27年に当時の日魯漁業が買収し漁網の修理工場とした。農産缶詰、いか塩辛チルドの生産を経て62年から常温さけ瓶詰「さけフレーク」の生産を開始した。以降、平成10年に改装し新商品200g瓶(ほぐし・焼鮭)、17年にレトルトパウチ設備を導入し、26年「おさかなハンバーグ」を手がけるなど拡大している。この間、平成19年のマルハとニチロの経営統合により、20年にマルハニチロ食品森工場となり、22年に北海道・青森地区にあったマルハニチログループ5社7生産拠点を統合し、マルハニチロ北日本が誕生、以降、森工場として事業展開している。

 

 主要品目は、さけフレーク、とりそぼろなどの常温瓶詰・トレー詰のほか、北海道中心に冷凍・チルド製品(とびうお卵醤油漬・いか塩辛)。主力のサケは、原料ベースで年間600tを使用。うち半数以上は北海道産で、海外原料はアラスカ(グループ会社ピーターパン社)、ロシアなどマルハニチログループの調達力を最大限に活用している。

サービスのお申し込みにつきましては、お電話またはフォームよりお願い致します

  • お申し込みにつきましては、弊社が受信確認後、お客様にご確認事項を通知してから、書籍とご請求書を郵送致します。
  • 電子版、紙版どちらも下記よりお申し込みになれます。
ホームページからのお申し込みフォーム

電話からの
お申し込みはこちら