日刊食品通信

定期刊行物
一覧へ

酒類食品業界のニュースを迅速・正確・簡明に発信する総合速報紙。酒類食品に関するマーケティング・営業・広報担当者必読の日刊紙です。

商品名 日刊食品通信
発行形態 月〜金曜日まで毎日発行(弊社営業日に限る)
仕様 A4判、9〜13頁
価格 6ヵ月 41,000円+税

サンプルはコチラ

  • 酒類、飲料、乳製品、加工食品、冷食・チルド、流通他、人事・組織、決算、統計・データなど各方面の日々の出来事を迅速・簡潔に報道
  • 新商品や発表会、イベントなどの情報もスピーディーに掲載。知りたい情報が満載、一目瞭然です

媒体紹介

業界唯一の酒類食品総合日刊紙。乳製品、飲料、酒類、製油・調味料、缶詰・冷食、粉2次加工品・菓子、流通、卸売、資材、人事、決算など各方面の日々の出来事や商品情報、統計データなどを迅速・簡潔に報道。
当該業種と関連事業のニュースが一目瞭然です。

最新記事2017.08.21 更新 バック
ナンバー

菓子の中国事業、ECへ移行進む


  中国の経済環境悪化に伴い、菓子メーカーも中国事業見直しを迫られている。不二家は中国での代理店を変更、Eコマースをメインした販売施策に変更していく。

 「売上高100億円は目前だと思っていた」と櫻井康文社長はこのほど開催された秋季菓子方針説明会で話した。2016年12月期の中国事業の売上高は約81億円。15年12月期に84億円を達成した時に、“100億円構想”を明らかにしていた。ポップキャンディを中心に生産する第3工場を新設、大台突破に向けて、体制を整えた矢先のことだった。「その時は売り上げが右肩上がりだったので、100億円という数字は手の届くところにきていた。あまりにも好調に成長して、売上高経常利益率は20%を超えていた。今は半減している」と苦しい胸の内を話した。そのため、抜本的な見直しを図り、成長著しいEコマースへ販売の軸足を変更。「100億円の目標は、少し時間がかかりそうだ」(櫻井社長)。

 一方、生産品目についてもキャンディ以外の商品の投入も考える。山田憲典会長は「キャンディについては製造能力は100億円を上回っている。ビスケットは子ども向け商品を現地企業で生産・販売しているが、『ホームパイ』をやって欲しいという要望があるが生産設備に多額の費用がかかるため慎重にならざるを得ない」と話し、「市場環境によるが、ビスケット、その他の菓子類でどうゆう展開ができるか戦略を練っている」と語った。

サービスのお申し込みにつきましては、お電話またはフォームよりお願い致します

  • お申し込みにつきましては、弊社が受信確認後、お客様にご確認事項を通知してから、書籍とご請求書を郵送致します。
  • 電子版、紙版どちらも下記よりお申し込みになれます。
ホームページからのお申し込みフォーム

電話からの
お申し込みはこちら