日刊食品通信

定期刊行物
一覧へ

酒類食品業界のニュースを迅速・正確・簡明に発信する総合速報紙。酒類食品に関するマーケティング・営業・広報担当者必読の日刊紙です。

商品名 日刊食品通信
発行形態 月〜金曜日まで毎日発行(弊社営業日に限る)
仕様 A4判、9〜13頁
価格 6ヵ月 41,000円+税

サンプルはコチラ

  • 酒類、飲料、乳製品、加工食品、冷食・チルド、流通他、人事・組織、決算、統計・データなど各方面の日々の出来事を迅速・簡潔に報道
  • 新商品や発表会、イベントなどの情報もスピーディーに掲載。知りたい情報が満載、一目瞭然です

媒体紹介

業界唯一の酒類食品総合日刊紙。乳製品、飲料、酒類、製油・調味料、缶詰・冷食、粉2次加工品・菓子、流通、卸売、資材、人事、決算など各方面の日々の出来事や商品情報、統計データなどを迅速・簡潔に報道。
当該業種と関連事業のニュースが一目瞭然です。

最新記事2017.05.24 更新 バック
ナンバー

ハイベーシックオイルの柱に育成


J-オイルミルズ「AJINOMOTO コクとうまみの大豆の油」

  J-オイルミルズは、家庭用油脂新製品として「AJINOMOTO コクとうまみの大豆の油」(写真)を2月に発売。同社はこのほど本紙の取材に応じ、沼倉克行マーケティング本部油脂事業部家庭用グループ課長代理が同品の開発背景や現在の販売状況などについて語った。

 同品は、原料素材としてわかりやすい「大豆」と、大豆の油由来の「おいしさ」を前面に打ち出した商品。同品の開発経緯について沼倉課長代理は、「家庭用食用油市場のベーシックカテゴリーにおいて、軽さを前面に押し出したキャノーラ油が多く販売されていることから、“油本来のおいしさ”を訴求することを目的に開発した」などと語った。同品の商品特長は、コクとうまみの感じやすさ。揚げもの、炒めものなど加熱調理した時に、別の油種との風味を比較すると違いがよりわかりやすいという。沼倉課長代理は、開発時にこだわった点について「パッケージの作成にはこだわりたかった。一般的な商品は商品名と原料のイラストが記載されているパターンが多かったが、それでは今回のコンセプトである“おいしさ”が伝わりにくい。そこで、弊社の商品で今までなかった“シズル感”を前面に押し出した唐揚げの写真をパッケージに採用した。唐揚げの見え方などにもこだわった。」などと述べた。

▼以下略

サービスのお申し込みにつきましては、お電話またはフォームよりお願い致します

  • お申し込みにつきましては、弊社が受信確認後、お客様にご確認事項を通知してから、書籍とご請求書を郵送致します。
  • 電子版、紙版どちらも下記よりお申し込みになれます。
ホームページからのお申し込みフォーム

電話からの
お申し込みはこちら